HOME > よくある質問

よくある質問

現在選択中のカテゴリ

回答一覧

  • Q1. 亡くなった際にまずは何をすべきでしょうか?

    A1. 病院などで亡くなった場合、法律で24時間経過するまでは火葬ができないことになっています。そのため取り急ぎ故人の安置場所を決める流れになり、寝台車の手配をしなくてはなりません。みやび葬祭までご一報いただければすぐにお伺いし、ご自宅または式場まで寝台車にてご移送いたします。

  • Q2. 訃報の連絡は、いつしたらよいでしょうか?

    A2. 危篤の際には親族やほんとうに親しい方だけにご連絡します。
    親戚や関係者への訃報の連絡は葬儀の日程や場所がある程度決定してからご連絡されるとよいでしょう。
    ご連絡の方面が多数の場合はそれぞれのグループの責任者に依頼して連絡をまわしてもらうと、連絡の漏れがなくスムーズに進みます。

  • Q3. お寺や宗教者への連絡はどうすればよいでしょうか?

    A3. お付き合いをされているお寺がある場合には連絡してご都合を聞き、葬儀日程の調整を行う必要があります。もしも遠方にお寺様がおられる場合は、後々を考えて一度連絡を入れておくと良いでしょう。近くの同じ宗旨のお寺様をご紹介されるケースもあります。
    決まったお寺などがない場合、みやび葬祭がお客様のご希望に応じて寺院などをご紹介いたしますので安心してご相談ください。(一部ご紹介できない宗旨もあります)

  • Q4. 役所への手続きはどうすればよいでしょうか?

    A4. 全て弊社が代行いたします。
    火葬を行うためには、管轄の役所に死亡届を提出し火葬許可証を受け取る必要があります。
    この手続きは当社で代行することもできますので安心してご相談ください。
    火葬許可証には、その後火葬場が埋葬許可証に日時を記入してくれますので、それが埋葬許可証として、後々お墓に納骨する際に必要な書類になります。

  • Q5. お葬式に給付金が出るのですか?

    A5. 故人が「国民健康保険加入者」、または「社会保険加入者」の場合、所定の手続きを行うと葬祭費用の給付金を受け取れる制度がございます。

  • Q6. 葬儀を依頼する際、すぐに必要なものはありますか?

    A6. 慌てる必要はありませんが取り急ぎ必要なものとして、
    「遺影として使用するお写真」、「印鑑」をご用意ください。
    ※お写真はスナップ写真などでも大丈夫ですが、ピントが合い良いお顔をされているお写真をお選びください。
    ※印鑑は認印でも大丈夫ですがシャチハタは不可になります。
    (印鑑は、市区役所へ死亡届を提出する際に使用します。)

前のページに戻る
ページの先頭へ