家族葬とは 
家族や親族など親しい方を中心にお見送りするご葬儀の形式です。
基本的には通常の葬儀で使われるものと同様の祭壇・棺等が使われ、ご葬儀の流れも一般的な葬儀と同じです。
最近では、高齢化の進行にともない、職場を引退してから死亡するまでの期間が長くなっており、葬儀への職場関係者・会社関係者による参列が減り、必然的に小さな葬儀となり、家族や近親者の葬儀が増えてきたということがあるようです。
家族と親族などを中心でお見送りしたい、ゆっくりと温かくお見送りしたい、周囲に気兼ねすることなくお葬式をしたいという方におすすめです。

家族葬のメリット
落ち着いた葬儀にすることができます。
一般の葬儀の場合、多くの方が参列をし、仕事関係など遺族と面識のない方も多く訪れることとなり、遺族はその対応に追われてしまい、ゆっくりと故人を見送りたいものなのに、その時間すら満足に取れないということがあります。 一方で、家族葬という葬儀であれば、参列する人は家族や親族をはじめ近親者に限定されますので、遺族としても特に気を使うことなく、葬儀でゆっくりと故人とお別れをすることができ、 供養に専念できるようになります、これが家族葬のメリットです。
葬儀費用を少なく抑えることができます。
少人数で行うため、葬儀スタッフの人件費や葬儀場の設備費用、通夜振舞い・返礼品等の費用などが抑えられるため、全体の葬儀費用を抑えることができます。

一日葬とは
通夜式を行わず、葬儀・告別式、火葬を一日で行うご葬儀の形式です。
故人と過ごす最期の夜に儀式がないので、気持ちの整理がある程度ついている方に選択される傾向があります。体力的に厳しい方、宗教儀礼を簡略化したいという方にもおすすめです。

直葬とは
通夜式・葬儀式を行わず、費用負担を抑えたご葬儀の形式です。
病院などのご逝去先から直接、火葬場に故人を移動し、霊安室などに預けて、法定の24時間が経過するのを待った後、火葬炉の予約時間に荼毘(火葬)にふす流れとなります。葬儀費用が最もおさえられるシンプルなスタイルとなります。
とにかく費用を抑えたい、お葬式はしなくていいのでシンプルに済ませたいという方におすすめです。